カテゴリー別アーカイブ: 【STEP1】コミュニケーション力

1・ハイテンション

先ずは、元気よく テンション高く行きましょう
『私は目の前の人の人生を変える、』
そう言った想いを持って常に お客様と接するのは重要です
 
では、
テンションを上げるには、どうしたらよいのか!
実は 朝起きた瞬間から始まってます。
布団から出るのが辛い、、
後5分寝たい、、
グズグズしながら起きると その空気感で
一日が始まってしまいます。
 
ですから、
布団から出る瞬間
歯を磨く瞬間
朝食を食べる瞬間から
『今日も一日、最高です!』
と、心で3回叫び 自分のモチベーションを
マックスに持っていきましょう。
 
人生の中で 1番若い日は 今日です
人生で1番若い今日 頑張らなければ、
いつ頑張れますか?
 
日々の朝スタート時点から、明るくスタートを切る。
明るくスタートを切ることにより、
一日の流れが決まります。
 
スタートを切るという事はゴールも決めましょう
ゴールがあるから スタートダッシュできる。
 
短距離 中距離 長距離 走る長さによって ペースは違います。
それと同じように 今日のゴールを決め それによって
自分のテンションのゴールを決める。
 
そのゴールが決まったらあとは、テンション上げて走るだけです。
 
テンション上げる方法
朝 鏡の前で思い切り笑う!
朝一外に出てラジオ体操する
会社に出勤移動中などにテンション上がる曲を聞く
ご自身のテンションUPの方法を1つ見つけて下さい
 
テンション上がると
声が大きくなる
笑顔が多くなる
相手に良いイメージングをプレゼン 贈り物ができる
 
 
 
 
あなたの理想的な人を見つけてください
俳優 女優 芸人 先輩 上司
誰でも良いので たった一人に絞ってください
 
成功の近道は、素直 真似るです
 
あなたの理想の人はどなたですか?
あなたは、どのような自分になりたいですか?
お客様に どうなってほしいですか?
 
まず3つの何故を書き出してみて下さい!

2・お客様から信頼を勝ち取り 自分に自信をつける

信頼関係こそが あなたの人脈の世界を広げ、
息の長いトップセールスマンになる秘訣です
 
信頼があなたの収入のバロメーターです
信頼の貯金残高を どんどん増やしましょう
 
 
私達は全て人間関係で成り立っています。
仕事、家族、友人
『 あの人は信用できる』
『あの人は信用できない』
 
同じ商品を販売していた時に あの人は信頼できるから
購入しよう!
あの人は、いまいち信頼できないから
今回別の人から購入しよう!
と、最終的な判断は、物ではなく人によって 
判断されがちです
 
 
では、
あなたはどんな人だったら信頼できますか?
 
私は
1、しっかりと向き合って話を聞いてくれる人
2、自分が感じていることを素直に発言してくれる人
3、常識に捉われず 自分の意見を言え、より良い提案をしてくれる人
自分自身にウソをつかず本心を隠さないような人は
信頼することができます
 
商品の販売以前に 大事になるのは、
相手との人間関係をつくり
信頼を勝ち取ることです。
 
お客様との信頼関係さえ 作ることができれば、
あとは、商品の情報を伝えるだけです。
順序は、物 人ではなく 人 物の順で行きましょう。
 
 
仕事の時でだけ 信頼を作る努力をしても、
思い通りにはいきません。
日々の友人 家族 仕事の仲間に対しても信頼される意識をしましょう。
普段の癖 習慣がお客様の対応にも繋がります。
 
 
まずは、
朝起きたら、家族に自ら挨拶をする
職場に5分早めに言って周りの掃除をする。
常に笑顔で接する。
当たり前の事を 当たり前にやる。
です。
 
基礎ができるからこそ、立派な家が立ちます。
あなたの普段の姿勢が信頼の貯金を蓄積していきます。
 
 
 

3・強烈なファンにする!

ファンを作るメリット
何度でも 売上を上げることができるリピーターになってくれる
新規顧客+リピーターを作る
 
長期的に売り上げを安定させる秘訣は
強烈なファンを作る事です!
 
浅く広くの関係性作りではなく
深く狭く濃い関係性を作ることにより ファンを作ることが出来ます
 
 
 
世の中は2:8の法則があります。
2割のファンが8割の売上を支える
2割の人が8割のお金をぎゅうじるです
 
ですから お客様の中で2割の強烈なファンを作ればいいのです
それが出来れば あなたの売上げは 安定していきます
 
コアなファンを10人作る
コアなファンを作るために あなたのアピールポイントを作りましょう。
そのために 過去のさかのぼり あなたにしか無い武器を作りましょう!
 
3分〜5分で語れる あなたのプロフィールを作ります
あなただから欲しい あなたから欲しいと言われるように
あなたのブルーオーシャン市場(無競争)を作ろう
 
今の時代 商品は売るほどあります。
価格も 激変します。
レッドオーシャン市場だと、常に競争しなければいけません。
あなたから買わなくても、営業マンは死ぬほどいます。
そこで戦うのは 至難の技であり、ストレスだらけです。
 
時代に左右されることなく 
あなた独自の世界観を作り 強烈なファンを作ることで
売上を安定させます
 
 
あなたのアピールポイントを作りましょう
 
 

4・徹底的に聴く

あなたの話を相手に 受け入れてもらうためには
まずは 聴く
そうすると 相手があなたの話を
受け入れるようになります
 
聴く力が上がれば上がるほど伝達力があがる
 
話す力があっても 聴く力が無いと
相手に話を受け取ってもらえないです
相手に伝わって納得してもらえるような話しかたをするには
 
まず
聴き力をつけることです
そうすると、話す力が上達します
 
聴き力がなければ 話しかたを学んでも伝わらない可能性が高いです
 
聴くとは、相手の話してる内容もそうですが、
もう一つ深い聴き方として
声にならない声を 相手の態度
表情から読み取り 聴くことです
 
人は自己対話を必ずしています
人が1日に自分と対話する回数は約3万~6万だそうです
この相手の声にならない声を聴きましょう
 
聴く力がつくと 話す力もついてきます
 振り子の原理と同じです
 
聴く力10つくと 話す力 相手も10あなたの
話を受け取ってくれます
 
話すが先では無く聴くが先です
聴く→話すです
 
何事も マイナスとプラスです
受信するから発信できる
呼吸も吐いてから吸う と言うように
すべて順番が決まっている
 
全てマイナスが先です
 
聴くのトレーニングをしていこう
 
聴くの定義は
相手が わ〜 俺の話 ちゃんと聞いてくれてるな、と感じる聴き力
相手が言っていることを本当に理解する聴き方をする
 
相手の言うことを理解できているか確認するとき、質問をするとき以外は
まずは自分から話さないようにしましょう
 
特に相手が話しているときにメモを取る
メモ取らせてもらえますか?
聞いてるが伝わる最強の武器です
 
聴き力をつけ 相手が興味あることを
気持ちよく話させてあげることです
 
最初は質問形式などで、こちらが相手が話しやすい空気と
ペースを作ってあげるのが良いです
 
自分が 聞いてても、相手からみて
聞いて無いと思ったらNG
 
まずは 聴き力をつけ 相手がしっかりとあなたの話を
しっかり聴いてくれる状態を作りましょう